• 雨漏り火災保険の保険金が下りる場合

    自宅の雨漏りが発生した場合に、保険金を請求することなく自費で修理をしている人は意外と多いものです。


    場合によっては、雨漏り火災保険が使用でき保険金を受け取れる可能性がありますので、約款をよく確認してみましょう。

    火災保険は、火災による損害だけでなく、その他の災害による家屋の損害についても保証されるケースが多いものです。

    落雷や浸水だけでなく雨漏り火災保険が使える場合は、契約内容や被害の度合いによっても異なってきますので、まずは契約している雨漏り火災保険会社へ相談してみるのが良いでしょう。



    保険金の請求に関する手続きは、火災保険会社によって多少の違いはありますが、一般的には罹災証明書と保険金請求書の作成が必要となります。

    火災の場合には消防署や警察署で証明書を取得することができますが、雨漏りや落雷、浸水など火災以外の災害については、「たしかにその日時に転校の異変が発生して家屋に損害が出た」ことを証明する第三者からの証明を求められるケースが多いものです。

    その場合は近隣の住民であったり町内会長さんであったりする場合が多いですので、あらかじめ証明書を記入してもらうことについて了承を得ておきましょう。


    また保険金請求書には被害状況の現状図や実際の写真、そして修理にかかった費用の領収書(もしくは見積書)が必要になることが多いです。



    火災保険会社の審査が完了すると、契約によって決められた保険金が支払われます。



    雨漏りの修理のような比較的施工金額の安い工事であっても、保険金が降りることによって大きく助かるものです。

  • 生活の秘訣

    • せっかく建てた家を長く使いたい場合に注意したいのが、雨や雪が降ったときに家にできたひび割れからしみこんでくる雨漏りです。雨漏りを放置すると家の劣化を早めるだけでなくカビや害虫を呼び寄せてしまうので住みにくくなるため、できるだけ早く雨漏りをした時にはすぐに修復することが良いのです。...

  • 生活の基本知識

    • 雨が降ると屋根から水が侵入してしまうことがあり、修理するとかなりの金額がかかってしまいます。その料金は30万から100万近くが相場であるので、支払うには経済的な負担が重くなります。...

  • 生活の話

    • 雨水が家の中にまで滴り落ちてくる雨漏りは、軽く考えていると深刻な状態に発展してしまう可能性があります。なぜなら、シロアリやカビが繁殖するので、建物が崩壊する危険度が高まり、家族の健康にも悪影響が及ぶことになるからです。...

  • わかりやすい情報

    • 天井から雨漏りをしている、いざ直そうとするとどのくらいのお金がかかるでしょうか。状況にもよりますが、数十万から百万円ほどかかると言われます。...