• 雨漏り火災保険の内容

    雨水が家の中にまで滴り落ちてくる雨漏りは、軽く考えていると深刻な状態に発展してしまう可能性があります。

    なぜなら、シロアリやカビが繁殖するので、建物が崩壊する危険度が高まり、家族の健康にも悪影響が及ぶことになるからです。

    このために、雨漏りを放置しておくと大変な目に遭う危険があるので、即座に修理しなくてはなりません。


    この雨漏り修理を場合によっては無料で直せるのが、火災保険です。
    一見すると、水の被害と火の被害ということで相反するように思いますが、実は火災保険は幅広い問題に対応しています。

    もちろん、すべての火災保険が適用されるわけではありませんが、補償内容に風災という項目がある場合は、雨漏りにも対応しています。



    ちなみに、風災とは強風により屋根が吹き飛んだり窓が割れるなどの災害のことで、申請できるのは被害にあってから3年間です。雨漏り火災保険では、この風災による雨漏りに関しては、修理費用が20万円以上の場合はほぼ間違いなく対象となります。
    なお、雨漏り火災保険を利用するメリットは、修理費用による負担を軽くできるというだけではありません。



    専門家による適切な修理が行われるので、家の寿命を長くするという効果も見込めます。


    この辺りは、素人が自分で修理するのとでは決定的な違いです。



    ちなみに、雨漏り火災保険を適用する流れは、依頼→現地調査→申請→審査→工事という内容です。

    依頼から工事までにかかる日数は一か月程度であり、雨漏りに気が付いたらすぐに行動するのが適当です。