• 屋根の修理は雨漏り火災保険でできます

    雨が降ると屋根から水が侵入してしまうことがあり、修理するとかなりの金額がかかってしまいます。

    その料金は30万から100万近くが相場であるので、支払うには経済的な負担が重くなります。実は雨漏りによる屋根の修理は、場合によって雨漏り火災保険が適用される可能性があるのです。



    雨漏り火災保険は雨漏りで家を工事することになった際に、保険金を支払ってもらえることがあります。
    最近の日本では台風・豪雨・竜巻の被害が大きくなってきていますが、これによる屋根の雨漏りは火災保険の対象の範囲内となります。
    雪が積もって屋根が壊れてしまったりヒョウが降って家が傷ついてしまったということでも、火災保険で保険金を受け取れます。
    屋根の雨漏りは家が経年劣化してしまっているためなることがありますが、完全に原因が経年劣化と診断されないようなら、こちらも雨漏り火災保険を申請できる場合があります。


    雨漏りの原因が100%経年劣化してしまっているとされたら、火災保険の対象外となるので保険を適用してもらえません。自分の家の雨漏りが火災保険で補償される対象か判断に迷うようなら、無料で相談できる専門機関のサービスを利用するか工事を依頼する業者に見てもらうことをおすすめします。



    特に経年劣化は自分で判断しにくいので、プロの人に意見してもらうのが良いでしょう。

    雨漏りの工事を依頼しようと思っている人は、ぜひ雨漏り火災保険が適用されるかの確認を忘れない方がお得です。