• 雨漏り火災保険が使える条件

    せっかく建てた家を長く使いたい場合に注意したいのが、雨や雪が降ったときに家にできたひび割れからしみこんでくる雨漏りです。



    雨漏りを放置すると家の劣化を早めるだけでなくカビや害虫を呼び寄せてしまうので住みにくくなるため、できるだけ早く雨漏りをした時にはすぐに修復することが良いのです。


    ただ修復するにも規模によっては5万円以上かかってしまい簡単には予算が調達できないです。
    そこで負担軽減として使いたいのが火災保険です。



    火災保険は住宅が火災や洪水などの災害によって住みにくいほどにダメージを受けた時に、保険として月額として決められた額を銀行に預けておくことでいざ事態に遭遇した時に負担軽減するものです。



    その火災保険を雨漏りに使う場合を雨漏り火災保険といいます。雨漏り火災保険は雨漏りをするときに火災保険を使うものですが、雨漏り火災保険を使う場合条件が整わないと使えないことを覚えておく必要があります。


    それは雨漏り火災保険を使用する際に、雨漏りの原因が家の劣化ではなく災害によって起きたことを証明しなければならないということです。

    そもそも火災保険は住宅が火災や洪水などの災害によって住みにくいほどにダメージを受けた時に負担軽減として使うものであり、通常の雨漏りの多くは家の劣化で生じたひび割れで起こる物なので保険がおりるものではないです。
    どうすれば保険がおりるのかというと、まず雨漏りの原因を専門家に調べてもらい写真を撮ってもらいます。
    そして写真を見て雨漏りの原因が台風などの被害によって起こったことが判明すれば、それは保険の対象内になるので保険がおりるようになります。