• 雨漏り火災保険というものがあるのか

    天井から雨漏りをしている、いざ直そうとするとどのくらいのお金がかかるでしょうか。


    状況にもよりますが、数十万から百万円ほどかかると言われます。



    これを現金で直すにはかなり厳しいものがあります。


    普通、一軒家を持っている方なら「火災保険」に入っているかと思います。

    雨漏り火災保険のようなものがあって、そこからお金が下りないものでしょうか。

    実際に‘雨漏り火災保険’という商品があるかと言うと、そういったものはないようです。ただ、補償の対象となる原因がいくつかあり、それが原因となって雨漏りが起きている場合、補償されるのです。その原因というのは、落雷・風災・水災・雪災などいろいろある中で、「風災」が原因であれば対象になりえそうです。風災とは、台風・旋風・竜巻・暴風による損害を言います。

    暴風と言ってもどのくらいの風なのか。
    おおよそ風速20m/秒以上の風と言われています。


    そのような強風により屋根瓦が飛ばされたり、強風の飛来物で建物が破損し、そのことが原因となって雨漏りが発生すれば保険金が下ります。

    ただし、どんな場合でも火災保険が下りるわけではありません。


    屋根瓦や建物の破損が台風や竜巻などの自然災害によるものではなく、経年劣化や老朽化によるものであれば、火災保険は下りません。



    建物が老朽化するのは仕方ないものですし、日本は毎年台風がやってきて常に風雨にさらされているので、自然災害か経年劣化かを立証するのは難しいところです。風災による被害から3年以内のものが補償の対象となります。
    被害があってからなるべく早めに補償の申し込みをすべきです。


    まて日頃から建物の様子を確認しておき、経年劣化による部分の修理やお手入れをしておけば、いざ風災で被害があった時に補償が受けられやすくなります。雨漏り火災保険ではなく通常の火災保険で補償できるので確認してみてください。